URSO! Letter №4

URSO!でのお仕事は、『 業務請負契約 』 で成立しています。確定申告が無事終了するのを待って、3月末までの期間で更新手続きをします。

例年、更新テストを実施しています。

内容は、 【在宅ルームルール編】【ビジネスマナー編】【セキュリティ】【Windows】【Excel】の5項目。

すべて、URSO!で在宅処理をするにあたって、理解いただきたい内容です。1年に1回、確認する機会を持ち、自身の知識の不足しているところをこれで確認してもらいます。「ここが間違って理解してたんだ・・・」 と気づき、再度、学びなおす機会です。

更新テストと一緒に、昨年度からアンケートを実施させていただいています。

URSO!メンバーが多くなればなるほど、伝え切れていないこと、気づかずに業務が流れてしまうことが多くなります。なるべく同じ意識で、URSO!でお仕事して良かったなあ。。。と少しで思いながらお仕事ができるように、アンケートから出来るだけフィードバックしていきたいと考えています。

また、業務請負契約は自動更新となりますが、この時期に自身の環境を見渡すのも大事なことだと思います。さびしいことですが、毎年この時期をきっかけに新しいステージに旅立っていくURSO!メンバーさんもおられます。新たなステージで、ご活躍されることを心から思います。

会計に携わる人のなかでは、神様のような存在の飯塚毅先生の言葉があります

日々雑用に忘殺されてはならない (そんなにバタバタしてはなりませんぞ)

年がら年中非常な多忙さの中で暮らしている人がまわりにはたくさんいてるけれど、それは、唯一度しかない人生をどんどん削り捨てているということです。日常生活に埋没することなく、静かに瞑想する機会を持つべきである。・・・ということです。

会計事務所に関わっていると、確定申告から年が開け、法人決算をしているうちに年末調整の声が聞こえてくるという繰り返しです。URSO!メンバーさんもどうしてもこのサイクルに巻き込まれがちです。更新のこの時期をしずかに自身の状況を見渡していただける機会になれば幸いです。

カテゴリー: URSO Letter | コメントをどうぞ

Springtime has come!?

明日から4月です。4月生まれの私ですが、春は何だか肌寒くって。。。あんまり好きになれません。中学校来の友人のWくんも『3週間連続雨でテニスが中止やぁぁぁ・・・』と、騒いでいますが、今年は特にややこしいお天気です。

それでもそれでも晴れ女の私は、なぜか晴れ間をぬってテニスにいき、甲子園にもちゃっかり行ってきました。

このコラムを書こうと思い、さてさて過去のこの時期にはいったい何を書いていたのか知らん?と紐解くと、見事に甲子園や野球ネタであることに苦笑しつつ・・・、めげずに甲子園ネタでいきたいと思います。

先週の日曜日に、天候不順の中での晴れ間をぬって甲子園にいってきました。外野席に座ったとたん、元祖野球児のとなりのダンナ様は、「 あ~っ””鳥肌立ってきた~””」と騒いでおりましたが(苦笑)

『 最近の10代の若者の中で、瞳がキラキラしているのは、甲子園球児くらいだ 』 ということを、どこかで読んだことがあります。要は、クラブである程度の成績を残して頑張っている若者達以外の目は死んでいると言いたかったのだと思います。私が春と夏の甲子園にどうしても1回は行きたい!!と思うのも、まさにそのキラキラと純粋に頑張れる気持ちに戻りたいからなのかもしれません。

年齢に関係なく人は打ち込めるものがあると、自然に目は輝くように思います。先週の金曜日に確定申告を一緒に乗り切ってくれた同志?達20名と打ち上げをしました。大変な1ヶ月を乗り切って、真っ最中の間は瞳キラキラどころではなかったけれど・・・、終わった直後の打ち上げでは、キラキラした目とたくさんの笑顔で、「岩井さ~ん! この機会があるから辞められないよねぇぇぇ」とみなさん言ってくれました。その場にいたみんなは大半が私と同年代。

45歳を目前にして思います。終わった後に、しんどかったけど良かったなぁぁ~と、みんなにキラキラしながら言ってもらえる仕事を続けていきたいと思います。

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

確定申告 お疲れ様でした。。。

今回の確定申告は、URSO!で100件超の処理をしました。これに、集計業務や月次処理の追い上げをプラスすれば、さらにさらにたくさんの処理をしていただきました。また、申告期間中の約1ヶ月は、来社してお手伝いいただいた方もおられます。ホントにホントにお疲れ様でした。

改めて感謝 heart04

ちょっぴり ホッ・・・ とした、日曜日の早朝。FaceBookでシェアされていた名言集を眺めていたら、こんな名言を見つけました。URSO!でもたくさんのお互いを必要とし、必要とされる良い関係を広げていきたいとしみじみ思います。

以下、FaceBook名言集からです。

この世での最大の不幸は、

戦争や貧困などではありません。

人から見放され、

「 自分は誰からも必要とされていない 」 と感じることなのです。      マザー・テレサ

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

URSO! Letter №3

URSO! Letter 3回目の配信です。

この時期は、個人の確定申告時期であり会計事務所で一番の繁忙期です。URSO!メンバーさんも同様に忙しい時期を送ることになります。

例えば。。。こんな処理をURSO!でも担っています。

月次会計処理では、『 追い上げ 』といわれる作業がバタバタと進みます。『 追い上げ 』とは、月々の処理が滞っているお客様の会計処理を、確定申告時期を迎え「もうこれ以上滞らすことは不可能!!」となったこの時期に、追い上げて処理をすることを言います。自然に納期もタイトになります。社員のみなさんにとっては、在宅処理が有難い!!と感じていただけることのひとつではないでしょうか。

また、『 棚卸集計作業 』や『 医療費集計作業 』、『 不動産収入の集計作業 』もURSO!メンバーが請け負っています。こちらも、電卓集計からエクセル入力まで依頼に応じた作業です。

もちろん、確定申告=決算の作業も、今回は約100件を請け負いました。決算処理をしてくれるメンバーさんは、この時期は何が何でも決算優先!!になります。そこで、月次処理は他のメンバーさんにヘルプ処理をしていただいています。

今回の申告時期には、約1ヶ月間、4名のURSO!メンバーさんが来社して、確定申告書類作成の補助業務を担っていただきました。来社して仕事が出来ないから在宅。。。なのに、でも、快く引き受けていただき感謝の気持ちでいっぱいです。

まさに、URSO!メンバーさん全員参加の確定申告も終盤にはいりました。在宅ルームは騒然としていますが、なんとか先も見えてきたことに安堵しつつ・・・、最後まで気を引き締めて過ごしたいものです。

★★★★★★★★★★★★

久しぶりにプライベートブログ更新してます。覗いてみていただけたら嬉しいです。

右のリンクから入ってみてくださいね。

カテゴリー: URSO Letter | コメントをどうぞ

ふとよぎった想い

毎年、確定申告の時期に申告相談のお当番が3日回ってきます。朝から夕方まで、申告会場にこられた方々の申告書作成のお手伝いをします。例年のことなのですが、昨日、無事3回目のお当番を終了しました。そして、帰途の中でふとよぎった想いがあります。

申告会場には、ご高齢の方から若いママさんまでと様々な年齢層の方がお越しになります。おひとりで来場される方もあれば、ご夫婦でいらっしゃる場合もあります。

そんな中で、70歳代以上のご夫婦の場合は、ご主人側が主導で先頭に立って申告書を作成されることが多いように感じます。あくまでも奥様はフォローのポジションです。

60歳代から50歳代のご夫婦の場合は、お二人で仲良く来場され、あーだこーだと言いながら協力して申告書を作成されることが多いようです。

そして、40歳代から以下のご夫婦の場合は、見事に!!奥様が先頭に立って来場し、申告書作成から税理士への質問まですべて奥様が引き受けておられるパターン。

お手伝いした40歳のご主人と30歳の奥様。前年の医療費控除の申告から、今年の生命保険料控除の追加処理までが必要でした。彼女の質問の仕方も理路整然だし、準備もキチンとしています。ご主人は傍に控えておられるだけ・・・最後に、源泉徴収票の原本提出が必要ですよ、となった時です。しっかり者の奥様は、『 そっかぁぁ。。。原本出さないといけないんですね。 』で、即座に傍らのご主人に 『 コピー取ってきて!!私が後はやっとくから!! 』 と。ご主人は快く引き受け、コピーにダッシュと相成りました。

当たり前の光景なのかもしれません・・・でも、ふとよぎったのは、そこまでバッサリとご主人に言わなくっても・・・、その日限りの私との関わりですが、それでも私はあまり良い印象を受けないわけで・・・。

 『 そんな言い方しなくっても・・・コピーまで取れていたら彼女のスタンスは完璧だったのに・・・ 』 と、そんな想いがよぎりました。西暦2000年を過ぎた今、女性のスタンスが問われる時代になっているように感じます。女性が前に出ることが多くなりました。私自身もついつい自身の意見を前に出してしまう機会が、振り返れば多いように思います。

かつての戦国時代、加賀百万石、毛利の百万石、上杉の百万石、といわれた名武将たちには懐刀といわれた優秀な家老はもちろんのこと、背後で支えた賢い女性たちがあったといいます。決して前に出ることなく、しかし、背後で操っていたのはたくさんの弁えた女性達だったことでしょう。平成の世に、混沌とした世に、女性の在り方が大きく作用するのかもしれません。

小学校時代に名簿の順番がどうして男の子からなの!?と抗議した過去が懐かしい。これでもチョッピリ年齢を経て、賢くならなきゃとシャンとした一日となりました。

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

ハーバード大学図書館の壁の言葉から。。。

バレンタインデーが過ぎ、確定申告真っ最中です。毎年やってくるこの時期ですが、何年繰り返しても慣れないものです。精神衛生上、一番よくない季節ですがなるべく平常心で過ごしていきたいものです。というわけで、さぼらずこのコラムも書いていきましょう。 notesnotes

ひょんなきっかけで知った言葉があります。ハーバード大学の図書館に書かれている言葉だそうです。なかなか厳しい言葉が並びますが、納得できるところもたくさん。忙しい時ほど、それでも時にはこんな言葉を眺めながら、自身を振り返っていきたいと思います。

以下、紹介です。いかがでしょうか!?

  ハーバード大学図書館の壁にある言葉だそうです 

 

1. 今居眠りすれば、あなたは夢をみる。今学習すれば、あなたは夢が叶う。

2. あなたが無駄にした今日はどれだけの人が願っても叶わなかった未来である。

3. 物事に取りかかるべき一番早い時は、あなたが「遅かった」と感じた瞬間である。

4. 今日やるほうが、明日やるよりも何倍も良い。

5. 勉強の苦しみは一瞬のものだが、勉強しなかった苦しみは一生続く。

6. 勉強するのに足りないのは時間ではない。努力だ。

7. 幸福には順位はないが、成功には順位がある。 

8. 学習は人生の全てではないが、人生の一部として続くものである。

9. 苦しみが避けられないのであれば、むしろそれを楽しめ。

10. 人より早く起き、人より努力して、初めて成功の味を真に噛みしめる事ができる。

11. 怠惰な人が成功する事は決してない、真に成功を収める者は徹底した自己管理と
忍耐力を備えた者である。

12. 時間は、一瞬で過ぎていく。

13. 今の涎は将来の涙となる。

14. 犬の様に学び、紳士の様に遊べ。 

15. 今日歩くのを止めれば、明日からは走るしかない。

16. 一番現実的な人は、自分の未来に投資する。

17. 教育の優劣が収入の優劣。

18. 過ぎ去った今日は二度と帰ってこない。

19. 今この瞬間も相手は読書をして力を身につけている。

20. 苦しんでこそはじめて進める。

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

URSO! Letter №2

URSO! Letter 2回目の配信です eye

1ヶ月は早いです。。。引き続きURSO! 紹介のLetter を配信していきたいと思います notes

さてさて、URSO! 手帳をご存知でしょうか?2年前から冊子にし、日本経営のNK手帳に倣って1年に1回更新し、URSO!メンバーのみなさんには配布しています。URSO!メンバーさんは、業務請負契約で日々お仕事をしています。契約ですので1年更新となり、毎年3月が更新時期になります。この時期合わせで、お仕事にまつわる様々なことを見直し、URSO! 手帳も見直し修正し新たなものを配布しています。

今年もその見直し時期に入りました。在宅ルームのスタッフ全員で回覧し、加筆修正中ですが、手帳のページの最後に 『 with you URSO! が目指していきたいもの 』 というページがあります。今まで2年間は変えずにきています。加筆修正の回覧が最後に私に回ってきて、「岩井さん、このページはこのままでOKですか?」というコメントを書いてくれてありました。様々な企業の広告ページを見ると、その都度キャッチコピーは変わってもその理念のようなものは変わることなく配信されているように思います。考えましたが、今年も思いは変わらないのでこのままでいこう sign03とおもいます。以下がその紹介です。共感いただけたら嬉しいです。

                                                              ALL HAPPY !

言葉でいうのは簡単だけど、実現はとても難しいもの。

言葉だけがひとり歩きする理想論になりがちなものです。

 

しかし、私たちは考えます。

あなたも社会も私たちも・・・ALL HAPPY になる方法を。

場所や時間を自分でコントロールできる with you URSO! での働き方により、仕事をどんどんこなしたいあなたにも、すこしずつ働き始めたいあなたにも、それぞれのペースで社会参画ができるはず。そんなあなたの成長が社会をHAPPYにし、頑張ったあなたにもHAPPYが訪れる・・・そんな関係を築く私たちもHAPPYに。

with you URSO!では、メンバーの90%以上が仕事と家庭を両立しているお母さんです。with you URSO!は、メンバーが直面する問題に寄り添いながら、ともに成長したいと考えます。

考えて、考えて、考えぬく URSO! メンバーとして、with you URSO!でともにお仕事をしましょう。

 

幾つになっても・・・何年たっても・・・

with you URSO!はあなたとともに航っていきたい。

   しなやかに たおやかに 明るく 強く     

 

coldsweats01coldsweats01  coldsweats01coldsweats01   coldsweats01coldsweats01  coldsweats01coldsweats01   coldsweats01coldsweats01   coldsweats01coldsweats01   coldsweats01coldsweats01

    FaceBook はじめました happy01  よかったら覗いてみてくださいませ・・・ 

    ここではチョッピリプライベートで繋がれたらよいなぁぁぁと思っています。

 

カテゴリー: URSO Letter | コメントをどうぞ

嬉しい偶然!?

古本屋さんで・・・、『 人間の証明~新装版 』 とあったので 「 何か違うのかしらん?」と購入しました。で、結局、何度読んでもはまってしまい・・・

そのあとに、有吉佐和子さんの 『 非色 』をこれまた古本屋さんのワゴンセールの中から見つけて、なんとなく購入してきました。有吉佐和子さんの『 華岡青洲の妻 』 を読んでから感激し、チョイスする作者のお一人です。

この本も読んでみると、偶然、カラード(人種差別)を取り扱った戦後直後の日本が舞台のお話でした。戦後の混乱期に生きた若い女性が、人間の証明では道を外してしまい、非色ではアメリカのスラムにわたり強靭に生きていく様が、見事に表されていました。

小説は不思議なもので読んだからといって、それが何かにつながり、成果というか効能というか。。。が現れるわけでもありません。でも、いつも思うのはそれでも心がゆったりするような潤うような気がします。

次男の課題図書とかでほったらかされていた、藤沢周平の 『 蝉しぐれ 』 と宮部みゆきの 『 孤宿のひと 』 に続けて出会いました。これも、偶然!?でしたが時代小説です。江戸から明治にかけての歴史小説は大好きですが、時代小説は初体験!?それも藤沢周平氏の本は実は初めて。。。出会わせてくれた次男に感謝。

これらもまだまだ若い日本を時代背景におき、ひとりの少年や少女がゆたかに成長していく様が見事に表されていました。賢者は歴史に学ぶという言葉がありますが、こんな若い日本の時代を汲み取ることも大事なことだと感じます。

ここからはオマケの偶然。heart

本でも何でも、好きこそ何とかとはその通りで、ワインもそのひとつ。「あっ?これ美味しい!!」と感じたのが、おなじ製造者のフランスボルドーワインで、何だか楽しい偶然が続きました。

さらにここからはおまけのおまけ。。。

FaceBookはじめました happy01  よかったら覗いてみてくださいませ・・・ ここではチョッピリプライベートで繋がれたらよいなぁぁぁと思っています。

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

嬉しかったこと。。

会社で仕事を長く続けていると、新しい方に出会う機会も多いかわりに、別れもまたおおくなります。

毎年、フレッシュな新卒社員さんが配属されてきますが、みんながみんな、1年を越えて後輩を迎えることが出来るとは限りません。

私の部署に新入社員として配属されてきたYさんもそのひとりでした。1年も経たない秋に 『 辞めたいです・・・』 といわれたときには、言葉どおり。。。目の前が真っ暗になりました。

彼女と話を重ねた結果、退職、という選択に至りました。我が息子とかわらない年齢です。私のところに配属されることがなければ、こんなことにはならなかったのではないだろうか?と、散々、思いを繰り返しました。私の思いは吹っ切れないままに、彼女は年末に会社を去っていきました。

年明けのある日に。。。

当社の創業者から、「 岩井さん、数分でいいから私のところにあがって来てください 」 と内線が入りました。何せ!!創業者です。取るものもとりあえず。。。向かいました。

そこでかけていただいた言葉が、「 岩井さん、Yさんの件ではいろいろありがとう。大変だったと思うけれども、人材を育てるということはそういうことです。まさに、【 担雪埋井 】 と思ってこれからもがんばってくださいね。春からまた、新入社員さんが入ってきます。同じことの繰り返しかもしれないけれど。。。。そんなものなんです。よろしくおねがいしますね。」 と。

そして、持って帰って食べなさいね。。。とお菓子を渡していただきました。これはとっても美味しいからね!!と言いながら。

帰宅後にお菓子をいただきました。きっと、たくさんの到来物があるなかで、それをおすそ分けしてくださったわけではなく、ご自身の故郷近くのお菓子でした。

その気持ちに脱帽するとともに、私自身がこうして育てていただいているのだと、感謝の気持ちでいっぱいになりました。年明け早々の嬉しい出来事でした。きっと今年は、昨年以上に良い1年になるかもしれません。

気持ちを引き締めて、誠実に毎日を送ろうと思います。

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

URSO! Letter №1

今年は龍年!! 昇り龍のように昇っていきたいものですね。

さてさてコラムのお顔も一新したところで、平成24年1月より 【 URSO! Letter 】 という形で毎月月初に、配信していきたいと思います。【 URSO! Letter 】は、日本経営グループの社員さんに向けて、また、URSO!メンバーさんに向けての発信です。少しでも少しでもURSO!のことを理解いただけることを願って。。。書いてみたいと思います。

URSO! は紹介で広げてきました。一人の人間には300人のつながりがあるそうです。最近流行のFace Book を覗いてみても、お友達100人とかは当たり前のようで・・・

たくさんが良いとは全く思いませんが、でも、一人の人間のつながりは想像以上なのかもしれません。

年末の日本経営のクリスマスパーティで。。。

 クリスマスーパーティの冒頭の社長挨拶では、日本経営の1年間を振り返り、かつ、次年度の抱負をお話されます。そこで、社長にお願いして、URSO!のメンバー募集&紹介をお話していただけないかと。。。頼み込みました。当日は、手にURSO!もチラシも持ちながらお話いただきました。(本当に感謝!!ありがとうございます)

その直後に、社員のIさんの奥様とお話しました。

新年早々に彼女から。。。「 私は使いにくいらしいから!??。。。でも、友人を紹介してもいいかなぁぁ 」  と。URSO!のホームページに誘導しながら、紹介をしてくれたようでした。

人と人との思いやつながりや・・・チョッピリのわずらわしさや、感謝に思いを馳せながら・・・今年もたくさんの方との出会があること願って、今年をスタートさせましょう。

 

カテゴリー: URSO Letter | コメントをどうぞ