月別アーカイブ: 8月 2008

テレワークって知ってますか? ●Part1●

テレワークという言葉を聞いたことがありますか。

たくさんのURSO!メンバーさんとお仕事をしていながら、実は私自身もそれ程認識がありませんでした。
テレワークは簡単に言えば、まさに在宅勤務をいいます。
難しくいうと、
「IT技術を駆使して場所・時間を自由に使った柔軟な働き方」となります。

2006年よりわが国の労働人口は確実に減少し続けます。

今までの、私たちの世代の、両親の世代の、働き方では対応しきれなくなります。大げさに言えば、日本の未来はないということに。

新車が売れない、スキー用品が売れない、などはまさに若い世代の人口が減っているから当たり前のことなのです。

経済大国日本でなくても、世界のリーダーの位置づけはまだまだ不動のものである日本で、労働という仕組みを根底から崩さなければならない時期にさしかかっています。

政府も2007年5月に「テレワーク人口倍増アクションプラン」を打ち出し取り組みを進めています。政府のテレワーク推進への真剣さが伺えます。

図らずもURSO!メンバーさんはそのテレワーカーのお一人です。
大げさに言えば、これからの日本を担っている!!!
    と思っていただいてOKですよOKOK

     自宅がオフォイスに 家

                 
             時にはオフィスワークを ビル

                             
  

 そして、生活を楽しもう・・・
           ・・・それがワークライフバランス!

                           

祝祝 今週のお知らせ 祝祝

在宅ルームはたくさんの中継スタッフさんの頑張りポロリたらーっニコニコでオープンから1ヶ月が過ぎました。

URSO!メンバーさんのテレワーク環境の更なる発展にむけて・・・、
在宅ルームに強力メンバーが加わりました。
アシスタントさんとして勤務してくださる「花井亜矢子さん」です。
お電話に出られたときは、声かけてあげてくださいね。
新婚ほやほやさんですラブ
お顔写真はご本人に許可を得てからにしますね。チョキ

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

・・・同窓会のススメ・・・

平成20年度はなにかと同窓会の多い年になりました。

数年前に大学のゼミのOB会後に同窓会をしたのですが、その後、高校や、中学時代の同窓会が次々にあり、出席してきました。
特に、高校は40歳を過ぎて人恋しいお年頃とか言って、2年に一回の開催になっています。まさに、Around40ですよ。

今年はまさにその2年に一回の当たり年でした。
全クラスでの開催で、女子高で、三分の一ほどの出席だから、80名位。
くじ引きで横になったMちゃんと「どう?元気?」などと、高校時代の記憶も薄れ薄れのまま楽しいおしゃべりをしていました。現住所が会社近くで、他のURSO!メンバーもおられるマンションとお聞きして、「近くの会社やねんよ!」と話すと、「たぶん、この春に転勤・・・」とつれないお答え。それ以上は、語らずに同窓会は無事終了。

 数週間後、URSO!メンバーのお一人から「岩井さんの同級生のAさん紹介します」というメールをいただき、いったい誰?と首をかしげました。
それが高校時代のMちゃんだったのです。
 彼女は今、偶然の再会を大事にしてくれて、URSO!メンバーのお一人として「頑張るわ!!イケテル」といってお仕事を始めてくれました。
出会いを大切に!!今後ともよろしくという気持ちでいっぱいです。

 余談ですが・・・、中学時代の同窓会はなぜか私が永久幹事?
久しぶりに、先生がお元気な内に、といって同窓会をしました。
中学時代、とーっても頼りなかった男子諸君は、とーっても立派になってましたよ。
男の子をお持ちのURSO!メンバーさん!、気長に見守りましょうね。

ひらめきひらめきひらめき今週の気づきひらめきひらめきひらめき
8月21,22日と在宅推進課の浅田さん他と東京に出張でした。
                        

4箇所を回るハードスケジュールでした。
時代は進化していますよ王冠
皆さんのご自宅パソコンで、会社のデスクで処理するのと同様の状態が作り出せます。URSO!メンバーさんもほんの数ヵ月後に実現可能かもしれません。

時代の流れに乗ること・・・、10年単位での時の流れを感じる同窓会
そんな現実の交錯する中で、元気に過ごしていきたいものですね。

私は元気なだけが取り柄ですが・・・ジョギング
それでも、東京の乗り継ぎは大変!!関西人でよかった・・・

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

URSO!岐阜メンバーにお会いしてきました!!

8月9,10,11日とURSO!岐阜メンバーの小林さん宅にお邪魔させてもらいました。

小林さんは、OGで私の1年先輩でもあります。

現在、税理士の小林さんとご結婚され岐阜の飛騨萩原にお住まいです。

ご主人の会計事務所をお手伝いされつつ、URSO!メンバーとして、岐阜のメンバーさんのグループリーダーもしてくださっています。
  小林会計事務所内でいつも処理してくださってます。窓の外はみどりがいっぱい!!よつばのクローバー

 机には在宅ファイルが開封されました。
   いつもありがとうです晴れ

夜には、URSO!岐阜メンバーの小林三保子さん・加藤逸美さんもお仕事の後、来てくださいました。岐阜の方はみんな働き者です。皆さん他にもお仕事をしつつ、在宅処理もしてくださってるとのこと。頭が下がります。

 たくさんお話できて、また、お仕事のお願いもできて・・・・、

(いつも、お願いばかりですみません汗)、お目にかかってお話することの大切さを感じました。

 今後ともよろしくお願いします。星

今回は子供連れで岐阜の自然を満喫させてもらいました。

     小林さんの在宅処理を止めちゃっ     てごめんなさい。

           

                   

おはなスキー場に夏場はひまわりがたくさんおはな

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

☆ 人は出会いによって変われる ☆

つい二日前に副社長のお話をお聞きする機会がありました。
たくさんの内容だったのですが、その中のひとつに「僕は、人はたくさん本を読んだから変われるものではないと思っています
人は出会いによって変われるんです」というお話がありました。

それを聞いて一瞬私は停止状態でした。でも、考えてみればそうなのかもしれないと・・・、知識や実際には経験できないことを本は伝えてくれるかもしれません。でも、変われることは早々ないのかも。

そう思うと、ここ数年で私が変われた出会いが二つありました。

 ひとつは、毎朝私が保育園の送迎時に車を置く駐車場のおばあちゃん
子供を抱えて働くことに、少しだけ疲れていたある朝、「働けるということはありがたい事やで・・・、子供たちはお母さんのこと見てるから・・・、今日も頑張って働いてきてや!!」と声をかけてくれました。
その言葉に励まされ、涙ぐみながら駅までの道を歩いたことは、今も記憶に鮮明です。あの日以来、少しだけ自身を持って、毎日元気に張り切って仕事に向かっています。

 もうひとつは、近所のクリーニング屋さんの受付の元高校教師のおばさん
おしゃべりの中で、「子供は小学校の間に、厳しく言われてもおかあさ~ん!!と泣いて戻ってくる歳までにキチンと躾けること。それ以上大きくなってからお母さんが厳しく言い出すと、よそに逃げ場を求めて、おかあさ~んとは戻ってこなくなるよ(精神的なことを言われてたんだと思いますが)」と教えてくださいました。
この言葉は、まだ当時、長男もチビでしたので、とてもショッキングなお話でした。私は、そのおばさんとのお喋りが大好きで、人生の大先輩としても大好きな方でしたので、素直に聞き入れることが出来ました。
今、長男は14歳になりました。結果は・・・?、彼が30歳になった時、出るものなんだそうです。

 さてさて、明日からURSO!岐阜メンバーの所に、2泊3日でお邪魔させていただくことになりました。長くお仕事をしていただきながら、岐阜ということもありお会いするのは初めての方もおられます。良い出会いになることを願って・・・。
 次回のコラムで紹介しますね。

ディナーディナー今週の一品ディナーディナー

 きゅうりのピクルス

 おてんきおてんき夏野菜ですよねおてんきおてんき
浅漬けもいいけれど、と~っても簡単にできますよ。調理時間5分!
お試しあれ!by栗原はるみレシピ

私はしょっちゅう作ってはサンドイッチに入れたりして楽しんでますチョキ
  鉛筆 酢1カップ、白ワイン1/2カップ、水1/4カップ、砂糖40g、
       塩小さじ1 (鷹の爪を1本、粒胡椒を入れてもgood)
        ← 全部鍋にいれて砂糖を溶かす程度に火を入れる
        ← きゅうり3本を半分に切り茹でたものを漬けて
          出来上がりグッド

                   
      こんな感じで保存してください。
      これは、私の愛用ピクルス瓶です。
      冷蔵庫で3週間くらいもちますよ

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

あなたの思いは何ですか・・・・・

社内での研修などで、会長や社長からよくお話されることがあります。

思い行いニナリ結果ヲウム」と。

誰でもたくさんの思いを秘めて日々を送っていると思います。身近なところでは「○○にいきたいなあ」「○○がほしいなあ」から始まって、「こんなふうになりたいなあ」「こんな生き方がしたいなあ」まで。

私にもたくさんの思いがありますが、仕事での思いも「在宅でのアウトソーシング」に関わってからずーっと持ち続けているものがあります。
それは、
「会社に出勤しなくても可能な仕事はすべて在宅スタッフで処理していきたい」
それにはどうしたら良いんだろう。今することは?1年後にすることは?5年後は?と模索しながら9年目を迎えようとしています。

そんななかで、この7月に【with you URSO!】システムがスタートし、ひとつ思いに近づけたかなあと思っています。
実は、1年前の5月にどうしてもシステム化がしたくって、大学時代のゼミの友人で現在IBMで仕事をしている彼に「手伝ってよ!!」というと、「ごめん、IBMで請け負うと高すぎるよ」といわれ、それから6社のシステム会社をいろ~んなつてを手繰り寄せて探しました。
で、その6社の営業の方と「どこまで会社として仕事としてお願いできるかは分からないけれど・・・」と勝手な言い分でお会いしました。
これも、ほとんど上司の承諾を実は受けていなかったのです。でも、今振り返れば、それが、思い行いニナリの、行いだったんだなあと思います。

さあ、その結果はいかに?これからですよね。
URSO!メンバーの皆さんは本当に前向きな方が多く、
「新しいシステム覚えるの大変だけど、URSOに関わっているメンバーだから覚えられて嬉しいです」TEL
「みんなに教えてもらい励ましてもらいながら、でも、頑張ってます」メールピンク
と、メールやお電話などで言っていただき感謝しています。
社内スタッフも中継スタッフもURSO!メンバーもみ~んな女性です。来週も一週間、がんばりましょうね。

                            

                  
  

このパソコンで在宅処理受付しています。
          

2週間前までは、手書きのノートで受付けてました。


 
    システム化に伴い社内向のメッセージです。



   本本本  今週の1冊  本本本

小学校のときに「本を読むことによって人生における体験の限界を超えることが出来る」というような記事を読んでから、ずーっと、文学少女ではありませんが本を読むことをしてきました。

今週は往復の通勤電車で読み終えましたが、とても良い本です。
聖路加病院の理事長の日野原先生の本です。95歳を過ぎられても、まだ現役の臨床ドクターです。この方の本を読むといつも穏やかな気持ちになります。良かったら、お仕事荷物に一緒に梱包して貸し出しします。声かけてくださいね。

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ