月別アーカイブ: 4月 2009

∽マニュアルを考える∽

今週、う~ん!!とうなされたエッセイを以下に紹介します。
城山三郎さんのエッセイです。

              〓 駐車場で 〓
 
 あるレストランへ寄った。
 食事を終わり、ドアを開けて出たところへ、一台の車が猛烈な勢いで突っこんできた。風圧でわたしがよろめくほどであった。
 車は駐車場を突っきり、一番奥のところへすばやくとまった。運転に自信があるにしても、ずいぶん乱暴な若者だな、とわたしは思った。
 ところが、その若者、従業員出入口へと消えてしまった。
 客であっても許せないのに、従業員だったのか。わたしは寒気がした。
 有名なチェーン店組織で急成長したレストランであった。パートも多いため、数々のマニュアルで、あいさつの仕方からサービス全体をおぼえこませていた。
「手を膝に当てて、体を十五度前傾させ、客の目をも見て、あいさつして・・・」
といった風に、細かく指定して。
 このため、新人でも、規定どおりにやれば、その日からでも役に立つ。
 客はどの店でも、どの従業員からでも、同じサービスを受けられる
―というのが、この種の店の特徴であり、強みであった。
 それだけに、マニュアルには出ていない事態になると、従業員は対応できなくなる。
 赤ん坊がにこにこ笑いかけたのに、マニュアルに規定がないから知らん顔をしていた等々。
 おそらく、その店のマニュアルには、店へ車で乗りつけるときの動作まで規定してなかったのであろう。
 だから、客の鼻先をかすめ暴走族まがいに突っ込む。時間におくれそうだったのかも知れぬが、しかし客商売としては落第である。
 あるレストランについて、こんな話を聞いた。
 店内では制服だが、通勤の服装があまりにも自由というか、だらしがない。「あんな店員たちでは-」と客からも苦情が出た。
 このため、従業員を客同様に店の正面からでいりさせることにしたところ、服装が改まっただけでなく、気分もひきしまった、という。
 マニュアルだけで人を律しようとすれば、無限にマニュアルをふやすしかなく、当然、守られないものがふえてくる。
 それよりは、姿勢というか、精神さえしっかりしていれば、あとは各人で応用がきく。 「お客様は神様だ」と本気で考えていれば、客の直前では、しぜんスピードを落とすことになろう。「神様」の抱いている赤ちゃんに笑いかけられれば、もっとあたたかな笑いで答えられたはずである。
 そうしたとき、マニュアルは必要でなくなる。
 そしてマニュアルが不要になった人間は、どんな社会に出ても、りっぱに通用する人間ということである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここ数年、在宅処理の納品物の均一化や処理の標準化、効率化を考えてきました。そこには否応なくマニュアルが存在してきます。
いくらマニュアルを整備しても、様々な事象は次から次におこります。
それをまたマニュアルで手当てする・・・・、ということを繰返してきました。

でも、原点に戻れば・・・、在宅処理を考えても

  簿記の原理原則は、わたしが新入社員の頃と変わらないし。。。

  会計ソフトは乱立するけれど、その操作の原理原則は変わらない   
  し。。。

  パソコン操作の原理原則は、きっとビルゲイツが最初にWindowsを
  世に出した頃と変わらないはず。。。

  また、いつの時代も求められる仕事に対する真摯な姿勢は、変わらない  のであろう。。。

そんなことを考えさせられたエッセイでした。
このことを肝に銘じて、原点に立ち戻り仕事の組み立てを考えるこれからに
していきたいものです。
  
  
  

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

◆URSO!全体研修会◆

4月16日URSO!全体研修会を無事終了いたしました。
みなさんお疲れ様でした。

年に一度は集まる機会を設けたいと、毎年、4月を目処に開催してきました。
特に昨年度より、システム化が進み、と同時に会計処理も新しい展開を迎えてきました。
また、URSO!メンバーの皆さんも日常生活の中で肌で感じておられるだろうと思いますが、個人情報の取扱が今まで考えられないほど厳しくなってきました。

そんな状況の中、URSO!メンバーさんとのお仕事の状態も、今までどおりとはいかなくなり、今回、当初の契約関係をすべて見直し、必要に応じて契約の巻きなおしをさせていただきます。

広義の情報の取扱にかかわる内容について、今回の全体研修でお話させていただきました。

会社として、
  今後も在宅というお仕事体系をさらに発展させるため、
    今後も会社とURSO!メンバーさんとがHAPPYな関係で
      お仕事を進めていくための措置である
と理解していただきたいと考えています。

先日、契約書についての弁護士さんのお話を聞く機会がありました。
そこで、弁護士の先生よりこんな言葉がありました。
「契約書はお互いトラブルを発生させないためにあるものである」と。
契約というと硬い印象をうけますし、中の表現も固いものです。
ですが、お互いの関係を悪くさせるためのものではなく、
友好な関係を保持するものであると教えていただきました。

今回の色々な取決めの再確認もそうでありたいと切に願った研修会でした。

3時間という長丁場の研修会でしたが、その後、懇親会をさせていただきました。人数が多く狭い中でしたが、少しはホッとしていただけましたでしょうか?

一緒にお食事をすることで、お互いいろんなお話ができたり、
新しい発見があったり・・・・、しますよね。
だから、
 年に一度はこれからも続く限り・・・・、懇親会はしたいなあと
                           考えています。

便箋便箋追伸便箋便箋

当日欠席であった方や遠方の方には、昨日、URSO!システムのマニュアルコーナーに当日の内容を撮影したものを掲載しました。

また、当日の配布資料につきましては、4月20日に発送しますので、
各人で確認頂ければありがたいです。

☆☆ちょっと宣伝?☆☆

URSO!メンバーさんはお母さんの方が多いので・・・、
実はこのコラムのほかに、もう一つブログ?をかいてます。
もう少しプライベートな視点で書きたくて・・・
徹底的に母の立場でと決めて・・・
右横に「岩井のちょっと・・・つぶやきブログ 」があります。
良かったらクリックしてみてくださいね。

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

■ 確定申告  その4 ■

最後に、「医療費控除」について紹介します。

医療費が10万円超えたら税金が返ってくるかも??
ということはお聞きになったこともあるのではないでしょうか?
その通りで10万円が足きり額になります。(ただし、収入如何ではこの
10万円がさがりますので、すこし確認してみましょう)

では、医療費といってもお医者さんで支払う分よね。。。、ということ
なのですが、URSO!メンバーさんがよく利用する以下のようなものも
入りますので、今年はしっかり!!計算して
みてはいかがでしょう。

【例】
 医療機関での支払い
    ・・・インフルエンザや人間ドックは含めない。ただし、
       ドクター指示の健診はOK。
 医薬品の購入
    ・・・例えばスーパーで購入した風邪薬などはOK
 歯の矯正費用
    ・・・容姿を美化し容貌を整えるなどの目的での矯正は
       ダメですが、お子さんのかみ合わせ不合等のための
       矯正はOKです。
       料金も高額なことが多いですので、一度、確認し
       てみましょう。
 交通費
    ・・・公的交通機関を利用した交通費はOK(もちろん
       領収書などはないですから、自分で作成した診察日
       に要した交通費一覧表等でOK、タクシー代はOK)
       ただし、ガソリン代、通院時の駐車場代はダメです。
 
 ※ 家族分の医療費は合計して控除できます。
   前回のコラムで扶養している両親等の医療費も入れてください。

 最近の事例でぶつかって、こんな費用もあるんだと知ったのが、
 不妊治療でご主人が診察日に同席できなかたため、ドクター指示で
 渡されたDVD費用も医療費控除の対象でした。

 このように、医療費の範囲は広いですので、10万円なんて・・・
 言わずに集計してみましょう!
 1回分の外食費くらい税金還付があるかもです。最近は、国税庁の
 ホームページで簡単に
確定申告書が自分で作成できます。それを、
 郵送するだけでOKです。(もちろん、電子申告もできますよ)

さてさて・・・
 確定申告コラムは今回で終わります。
 また、紹介したら便利だなあ・・と思うことがあれば紹介したいです。
 URSO!メンバーさんからも何かありましたら、声かけてくださいね。

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ