月別アーカイブ: 6月 2009

私流?三種の神器

「三種の神器」と聞くと、私たちはかつて社会の授業で習った
1950年代の、 白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫
をまず思い浮かべることと思います。
そして、
1960年代半ば 高度経済成長期の三種の神器、テレビ・クーラー・自動車、と続きます。

これらの家電が広く普及したことで、主婦の家事時間は格段に減少したことでしょうし、各家庭で見ることのできるようになったテレビのおかげで、計り知れない程の経済効果があったことは言うまでもありません。

天下の松下電器産業(現 パナソニック)が、それら家電を普及させるにあたり、「人々の生活に必要なものを、豊富にしかも安くつくって提供していくことが生産者の使命である」と考えて生産に携わり、日本企業の象徴的存在になったことは有名です。

今、巷にはものが溢れ、必要なものはなくなったという声もよく耳にします。
しかし、
「人間が、より豊かで、快適で、楽しい生活を望む限り、暮らしに必要な
製品やサービスは、今後も増え続けていくに違いないと思います」
と、松下幸之助さんの息子さんである松下正治氏は、ご自身の著書にこのように表現されています。

本当にそのとおりだなあ、と感じます。

見渡して、私の三種の神器は・・・
今のところグッド
 お掃除ロボット ・ 魔法なべ ・ 食器洗い乾燥機


そうなんですup
いつかのコラムで書いた掃除機嫌いの私が、やっとゲット!

お掃除ロボットは帰宅後の忙しい私の周りを、チョロチョロと効率的にお掃除してくれています。
(我が家ではお母さんのペットと呼ばれていますが・・・・)

そして、魔法なべは、朝仕込んでいけば夕食頃にはバッチリ!!
完成おでん食事ビール

そして、なんと言っても食器洗い乾燥機ディナー

これで快適な毎日をおくらせてもらっています。
より豊かで、快適で、楽しい生活を望むのはきっと誰も同じであろうと思います。
でも、感じ方は人それぞれ。
多様性の時代において、それぞれの三種の神器を持つ時代になったのかもしれませんね。

是非!!あなたの三種の神器をゲットして楽しんでいきましょうおてんき


 三種の神器とはいきませんが、
マイグッズのひとつを紹介しますね。
ゆで卵快適剥き器(命名は私ですが・・・)。
ゆでる前の卵にこれで、ちいさーな穴をあけてから茹でます。
あら不思議??とっても早くにキレイに剥けますよ。

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

正論だけで人は動かない

税理士法人 タクトコンサルティングの本郷先生の本より・・・、
紹介しますね。

・・・正論だけで人は動かない・・・
 AさんとBさんが、お客さまに同じことを話しました。しかし、お客さまはAさんに同調し、Bさんの話には乗りません。説得する場面でも同じです。
ときにはBさんのほうが正しくても、Aさんの説得に耳を傾けます。Aさんが
ミスをしても許されますが、Bさんがミスをすれば怒られます。
 なぜでしょうか。お客さまはAさんに好感を持ち、Bさんを嫌っているからです。理不尽なようですが、人は正論だけでは動きません。
 相手に好感を持ってもらえると、仕事は俄然やりやすくなりますし、
頑張ろうという気持ちにもなります。好感を持ってもらう秘訣は、自分が
相手を好きになることです。たとえ問題点があったとしても、長所を見つけ
弱点をカバーする優しさを持つことです。
 心底からそうしたことができれば理想ですが、最初は形からでもよいのです。そのうちに、きちんと相手を受け止めることができます。
 好感度を高めるのはテクニックではありません。心構えなのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

如何ですか?

人は大変になるとついつい視野が狭くなり、周りが見えなくなります。
でも一呼吸おいて、こんな心構えができたらいいなあ・・・、と。

私の小学校3、4年生の担任の先生は、戦争にも学徒動員で出征された
方だったのですが、先生の中の神様と言われた方だったようです。
このことは、私が成人した後に、小学校5,6年の担任の先生に教えて
いただいたことでした。

その先生が、私の小学校3,4年時代に日々、歌うように教えられたことが、
「みんなを好きになろう!みんなそれぞれ良いところがいっぱい!!
 だから、良いところを見ていこうね」
そんなことを思い出し・・・、
顔を持ち上げた出来事でした。

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

☆ジューンブライド★

久方ぶりに結婚式にでる機会がありました。
今までは友人の結婚式に列席することがほとんどでしたが、今回は従兄弟
の親族としてでした。

私自身、年を重ねつつあるからでしょうか・・・
結婚式でも披露宴でも、親目線でみている私がいました。

結婚という人生の節目で、新しい人生のステージで、どうか幸多かれと。
両親の元でいる時とは違い、すべて新しく作り上げていかなければ
ならないことばかりです。
両親からすれば、心配な気持ちのほうが勝るのだということも、
初めて感じた結婚式でした。

人生にはたくさんの節目が、本人が自覚する以上にきっとあるのだと思います。自分がその渦中にあるときはきっとそれほど大きく自覚しないままに
過ぎていくものなのかもしれません。

そんなことを考えながら、また日常の中でひとつひとつ丁寧に過ごしていきたいものだと改めて感じた出来事でした。

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

♯憧れ♭

自宅のパソコンが2年半で壊れちゃいました。
いろいろ勃発するものです。
諦めて・・・・
ミニパソコンから配信します。
買っといて良かったグッド

皆さんにはあこがれの女性はありますか?
私はその時々で、ステキひらめきっと思う女性がいます。
最近までは、ライス国務長官。
でも、今はアメリカ大統領のファーストレディ、ミシェル・オバマ。
私が大好きになった極めつけは、恐れ多いですが・・・
同じことを考えてたから。

ミシェル・オバマがきっぱり!!といった言葉。 
「私の優先順位は母、妻、仕事」
優秀な弁護士である彼女がこう言うことに、素敵だなあと思います。
私も同じことを常に自分に言い聞かせてて・・・、
これを知ったときとっても嬉しくなりました。
ちょっと安心もしたりして。

人生のたくさんのステージの中で、そのときそのときの優先順位を
キチンとつけていくことはきっととても大切なことのなのだと、思います。

だから・・・
大変大変になった時は、いっぱーい深呼吸して星
自分の優先順位に戻りましょ。

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ