月別アーカイブ: 9月 2009

南の島便り

シルバーウィーク という言葉を、最近耳にしました。

5月はゴールデンウィークだから、この9月の連休はシルバーウイーク
なるほどなあ・・・

で、
家族の都合がそろったので、プラス、私の妹家族の都合もOKだったので、
大好きな南の島!! 
今回のテーマは「れっつ グアム飛行機
行ってきましたグッド

フライト3時間少しで、日差しのきれいな島に到着!!
          

すこし波が高い日もあったけれど、
 大好きなシュノーケリングも、バッチリ船
 今回は、熱帯魚釣りという奇妙な経験もしてきました。
 イルカとも出会えて感激。
  でも、イルカってどこかの水族館のショーのように、クルンとジャンプしたり回ったりはしないんです・・・。

シュノーケリングは、新婚旅行で初めて体験してから病みつきになっています。(私の大好き!BEST 3に絶対はいります。)

ここまで大好きとは、一緒に行く家族は今まで気づいてなかったようで、
高い波で今回クローズされてしまい、
    行くことができなかったビーチに、
「絶対、もう一回チャレンジするからねっ」というと、  
                      絶句されちゃいました。

日常では絶対味わえない場所に身をおくことができたときに、
そして、
感激したときに、
見えない自分のずっとずっと奥に、たくさんたくさんパワーが溜まるように感じます。
みなさん、そんなことはないですか?
その手段の一つが、私にとってはシュノーケリング

きっと子供たちも(あっ、ダンナさまも)、たくさんたくさん元気の素をいっぱいにしてきたと、感じています。

さあ、平成21年も早いもので後半戦に突入しますね。
後半に向けて、自分なりにパワーを充満にして・・・
頑張っていきましょうイケテル


最近は大人でもとってもキュートハートなスイムウエアがあります。露出は抑えれますから、来年の夏あたりはビーチにでてみません?

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

残念だったこと

最近お聞きして、耳から離れないことがあります。
あるURSO!メンバーさんとお話をしていた時のこと。
「在宅での処理は、慣れてきたらテレビ見ながらでもできるから・・・」というフレーズ。

如何でしょう?聞き耳を立てる

それを聞いて、うん?と思いつつその場はほかのお話で終始しました。
それから数日しても離れない言葉です。

私も自宅でいろいろ仕事をします。
研修の報告から、決算処理や、勤務時間中に後回しにしてしまった処理、
回覧から、議事録の確認まで。
でも、テレビ見ながらはしないよなあ・・・。

新しい取り組みや提案を考えるときは、頭がグルグル回るだけなので、
アルコールが入るときはあります。
でもそれは、パソコンの前でも、書類を前にしてでもない時。

在宅という勤務ではない環境でお仕事をすることは、自身で律していかなければならない連続だと思います。

でも、考えていただきたいのは、「自分は今仕事に向かっているのだ」
ということ。

チョッピリチョッピリ残念だったので・・・
少しご紹介してみました。
みなさんのお考えは如何でしょう?

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

重ねていくことの大事さを

機会があって先日、10名近くの方の履歴書を拝見し、面接の場に同席させていただくことになりました。
そんなたくさんの方に、一度にお会いするのは初めてでした。
年齢は20代後半から私と40歳過ぎの方までさまざま。

そう、学校を卒業してから10年以上経過したかたばかりでした。

学生時代の履歴というのは、学校名が違うくらいで、そんなに多様なものではないでしょう。
クラブにがんばってきたとか、お稽古を続けてきたとか、中には、将来に向けてお勉強してました、ということもあるかもしれません。
でも、おしなべてそこには学生であるという公約数があるわけで、だから、貴重な時期なのかもしれません。

卒業して、社会に出て10年も過ぎてくると、向かってきた方向もさまざまで、これから向おうとする方向もさまざま。
今回お会いした方々の履歴も本当に様々で、面接という場でその履歴についてお話することもできましたので、更に歌ではありませんが、『人生いろいろ』
だなあと、痛切に感じました。

私自身は、新卒で今の職場に入れていただき、途中、長男の出産から数年離れましたが、元に戻らせていただきました。
だから、履歴書を書いた記憶はほとんどありません。
もし今、私自身の履歴書を書くとしたらどうなんだろう?、どのように表現できるのだろう?、と考え込みました。

今回、感じたのは「20代後半から30代の生き方ってだいじだなあ」と。
10名近くの履歴書を拝見して感じた、率直な意見です。

意識しているしていないに関わらず、目の前のことをキチンとしっかりと(さらに付け足すと逃げずに!)取り組んでいると結果はついてくるように、私自身が40歳を過ぎてから、漠然と感じてきました。
いつかのコラムにも書きましたが、「今の仕事に邁進していると適職が来るんです」という言葉を紹介しました。
仕事に限らず、自身の趣味や子育て、主婦の領域にもこの言葉は当てはまるなあと、今回の面接を通して知ることができました。

面接を通して、素敵だなあ・・と感じたお二人の方に、縁あって来ていただけることを願いつつ・・・、自分の領域しっかり関わっていきましょうと、心をあらたにした出来事でした。

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ