月別アーカイブ: 3月 2010

わかりました症候群?

過日の産経新聞で興味深い記事がありました。
是非、紹介したいと思いつつ、切抜きのままおいておりました。
いきなり話はそれますが、切り抜いた新聞記事、上手く整理しきれずに
デスク横に積みあがり・・・。
皆さんはどんな整理をされているのでしょうか。
いい方法あれば伝授してください。

さてさて、その記事。
「わかりました」症候群という記事。
職場で働く方なら後輩さんの指導に、子育て中のお母さんなら子供たちの育児に、きっと役立つように感じたので、紹介します。

ひらめき  ひらめき  ひらめき  ひらめき  ひらめき
 22歳の新入社員である加藤さんは、研修を担当している先輩の岡田さんから注意されることが多い。仕事への理解度が低い点もあるが、先輩は感情的になりやすいタイプ。言い方がキツク、具体的な助言や指導はしない
 「ミスは二度とするな。まわりが迷惑する」や「タルンでるぞ!根性を入れてやれ!!」という精神論が多い。そこで加藤さんは「わかりました。注意します」と反射的に言ってしまう。
 その場しのぎの対応だから、わかっていないので注意されたことが身につかない。
 だから同じようなミスが生じる。再三再四になるので先輩の叱責も強くなるという悪循環になってしまう。
このようなケースを、私は「わかりました・わかりました症候群」と呼んでいる。受身や消極的なタイプの人に多いようだ。
 どう対応したら良いのだろうか。対象者をリラックスさせるのがポイントだ。おだやかな言動で時間をかけ、相手の反応を見ながら行う。まず、仕事の手順に対して段階的に問いかけをし、わからない点をつきとめる。
 そこで、たとえ話や実例をあげ説明をしていく。
さらには、ポイントごとに、理解できているかどうかを確認していくことだ。

                <平成22年2月15日付 産経新聞より>

ひらめき  ひらめき  ひらめき  ひらめき  ひらめき

私たちは相手に対して、同じ解釈をしてくれていると考えがちです。
しかし、年代の差もあれば性差もあります。
人に理解してもらう、育てる、指導するというのは本当に大変なことです。

かつてのブログで紹介した、天才ラガーマンで住友銀行の専務であられた
宿澤広朗氏であっても、部下にその仕事の手順と方向性を、キチンと紙に
表して指導されたといいます。

わかりましたのその奥を・・・
見つめてあげるのは、本当に必要なことなのでしょう。
先輩、年長者、少しだけたくさん生きたものとして、これは人としての
義務なのかもしれません。

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

ちょっと不思議なお話

確定申告が明けて一週間。
あっという間に、ゴールデンウィークまで週末は予定でびっしりという
状態に陥りました。
楽しい予定を思いながら、この日曜日は黄砂と強風のなか、テニスに行って
ました。
その日の夜から、目が涙目で・・・、「??アルコールのせい?」
鼻水が出てきて・・・、「えーっ!!結婚後初の風邪?」
と思いつつ・・・。

今日は今日で、第一試合から甲子園に行ってきました。
初めての外野席!!結構、居心地が良くて大満足。
しかし、鼻水は止まらず・・・
挙句の果てに、「お母さん、目!赤いで!!」
といわれながら、楽しんできました。
帰宅のころには、鼻の周りは痛い痛い。
治す方法あれば、ご伝授の程を。

で、先週から取り組んでいるのが、NLP(神経言語プログラミング)
まだまだ、本当に入口に差し掛かったところなので、上手に説明できません。
簡単に紹介しますね。
以下、「描くだけでダイエット」。。。若本勝義著 より引用します。

・・・・・・・・・
あなたがダイエットに失敗した理由は簡単。
それは、あなたの脳が「ダイエットに成功しないように」「太ったままで
いるように」とプログラミングされていたからです。
おそらくみなさんは、びっくりして反論することでしょう。ダイエットを
考えている人ならだれだって、「太りたい」なんて思っているはずはない
のですから。
~~~途中略~~~
実はあなたの知らないところでプログラミングをしてしまう存在がいるのです。それが「無意識」です。
あなたは無意識によって、「太る」という呪いをかけられていたのです。

・・・・・・・・・

ちょっと不思議なお話でしょう。
でも、すごく興味ありますよね。
これは、米国NLP協会公認トレーナーというのがあって、
きちんとマスターされた著者が書いておられる内容です。

長くなりましたが、私がかかり始めているであろう○○を、自分の脳を
意識しながら回避できないかなあと、思っています。
結果は・・・、乞うご期待です。

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

What do you want?

ご無沙汰してました!1ヶ月ぶりです。
1ヶ月間、ひたすら下を向いていた気がします。
気がつけば・・・、ほらっ、梅も咲いていました。

皆さんご存知の、会計事務所で一番忙しい時期でした。
かつて学生時代、1シーズンに何度もスキーをしていた私は、
この業界に入ってからというもの、数えるほどしか
スキーブーツをはけていません。
でも今年は!!いけるかも!!と、1月9日に子供たち3人連れて
行ってきました!!
そこまでは順調。もう一回いけるかしら?と甘いことを考えて
おりましたが・・・。この1ヶ月は、近年になく忙しく過ごしました。

「with you URSO!」2次開発がほぼ完了しました。
4月13日に皆さんにお披露目します。乞うご期待を!

「URSO!オンラインサポート」ができます。
「URSO!手帳」を作成しています。
こちらも両方、4月13日に皆さんにお披露目します。

そんな取組の中での、確定申告でした。
URSO!で受けた確定申告決算は約90件。
支えてくれたみなさんのお陰で無事終了できました。

やっとホッとできたところで、昨日、フォトリーディングの
女子部会?に行ってきました。
23歳から45歳くらいまで26名が集まりました。
業種は様々、弁護士・エンジニア・大学講師・インテリアコーディネーター・大学院生・
漫画家の卵さん・華道家などなど。
独身さんも既婚者さんも、4ヶ月の赤ちゃん連れさんも。

これだけでもなんだかワクワクでしょう!?
で、集まる趣旨もたくさ~んなのですが、要約すれば、
「新しいミレニアムが始まって10年、
 これからはスマートでエレガントな女子力が
 ますます必要とされる時代になっていると感じます。
 みんなできれいでかっこいい女性になろう。」
なんです。

午後1時から6時まで、26名でめーっいっぱい!
建設的な井戸端会議をしてきました。
一度では、伝えきれないので随時紹介したいです。

今回は、一つ。
What do you want?
・・・どうしたいの?
・・・どうありたいの?
自分自身を知り―
脳と体の接し方を知れば―
一生美しく―、なれます。

   ・・・ちなみに、脳と体の接し方。
      20分にわたるワークショップを聞いたのですが、
      簡単に伝えるなら、
       「良い言葉を自分にかけること。
        言葉は心の状態をあらわします。
        自身の期待値が高まれば、
        それは行動につながります。
        行動は成果をつれてきます」

      ダイエットも、自身の問いかけで(What do you want?)
      できます。
      今回プレゼンしてくださった方は、4ヶ月で8キロの
      ダイエットに成功されました。
      さらに詳しく知りたい方は・・・、岩井まで。

 
キラキラした女性26名の中にいれたら、自分までキラキラなれそう。
1ヶ月下を向いてましたが、またシャンとして、URSO!に向き合いたいです。

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ