月別アーカイブ: 2月 2011

年を重ねるということ

毎年、確定申告の時期になると税務相談のお当番が回ってきます。
今年1回目、無事、お役目を果たしてきました。

いつもは、ひたすら申告書作成の説明をして、気づくと終了時間間際で、「あーっ!!終わったぁ~」という一日になります。
が、今回はなんだかとってもふんわりした気持ちになれたので、書き留めておこうと思います。
 
個人の方の確定申告書作成のお手伝いなのですが、何せ申告書提出の数がとても多いのです。

今回は市民会館が確定申告書提出会場だったのですが、『 昨日の提出は500件でした。』という開場前の説明もあり、「 今日はお天気だし、もっと多いんじゃない!? 」と恐れていました。

9時30分から4時までほとんど立ちっぱなしで、そこに、人が多くなるとそれはそれでトラブルも発生したりするわけです。

例年通りのスタートでしたが、その中にご夫婦で来られてた方がおられました。

ご主人の申告書を奥様が代わりに記入されていたところに、私がお手伝いに入りました。
必要な書類を、ご主人に確認しながら奥様がキチンと記入してくださいました。

ご主人が、「脳梗塞を患ってしまい。。。」とのこと、
私が、「でも、奥様がいらっしゃって安心ですね。。。」と申し上げると、
「そうなんです。。。とても助かってます。」
その一言なのですが、笑顔でおっしゃいました。

ホントに感謝しておられるんだなぁぁ・・・と言うことが感じられる表現でした。
脳梗塞の後で、いろいろ不自由をお持ちであろうと想像しましたが、
笑顔で感謝の気持ちを素直におっしゃったことに、頭の下がる思いがしました。

年を重ねて、その歴史とともに寄り添って生きることの大事さを、目の当たりにしました。
慌しい会場の中で、なんだかとってもふんわりした一瞬でした。
ステキなお手本を、自然に見せていただきました。

また、目が悪いので代わりに記入してほしいというおばあちゃまのお手伝いをしました。
80歳を超えておられるのですが、お子さんがほしかったのだけれど事情があり持てなかったとのことで、今は、お一人暮らしとのことでした。
外を歩いたりは大丈夫とおっしゃっていましたが、文字や数字はほとんど見えないそうです。
「でも、きれいにされているから、目が不自由とは気づかないです。。。」と申し上げると、
「そんなことないのよ。。。」と手を振りながらきれいな笑顔をされました。

おひとりでもシャンとして、年を重ねておられるんだ・・・と頭の下がる思いでした。

自身が40歳をとうに過ぎて、ともすれば偉そうな発言をしてしまいがちです。
意識して、謙虚に・・・たくさんの年長者の方々をお手本に、ステキに年を重ねていきたいものです。

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

人を思う

 毎日を忙しくしていると、ついつい、メールも仕事のやりとりに終始してしまっていました。

友人やママ友とのやりとりも、いつ会いましょう!とかのやりとりが中心で。。。

久しぶりに良い意味で、目的の無いメールをいただきました。

過日のブログでリストラ!?されたかつての同級生からのメールです。

時間に追い立てられる中で、すっごくホッコリしました。

人を思い、思いだし、そして。。。伝えられる力に。。。ちょっと感激しましたので、
ちょっと紹介。


『 この前 埼玉のど田舎で 岩井ちゃんに 超そっくりな女性見ました

 あまりにも似てたので 思い出してメールしました

 今日は寒い 』


遥か遥か前の中学時代に、生物のノートを貸してあげた彼は、今、イクメン(?)と
自ら称して、パパを楽しんでいるようです。

関東で一からがんばっているのに。。。
ありがとう 思い出してくれて。。。

人を思う、懐かしく思い出す、そんな当たり前の行為を忘れていたことに反省しながら、
嬉しかったので紹介でした。

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ