月別アーカイブ: 7月 2014

人の再建は言葉から

宮川俊彦氏(国語作文教育研究所所長)が、このようなことを言っておられます。

国家の再建は教育から、
教育の再建は人から、
そして人の再建は言葉から

そうだなぁ。。。なるほどなぁ。。。と感じたので、留めておいたのですが、今回読み直しひも解いてみました。宮川俊彦氏は、今年の5月に亡くなられておられます。作文教育を提案されてた方のようでした。なので、上記のような言葉になるのですね。saiken1

私の小学校時代は、開けても暮れても作文の日々で、それを思い起こし、この言葉に今出会ったことに不思議な縁を感じました。

 

 

作文がうまいということは、自分の気持ちがうまく伝えられ相手の気持ちも考えてあげられる大人になるということなのだそうです。物事を多面的に、論理的に、本質を見極めてとらえられる。豊かな感性で人の気持ちを理解し、自身の意見や思いも上手に伝えられる。kotoba2

この歳になり、本を読んだ折に「この表現ステキ、使わせてもらおう!」と感じたものは、留めておくようになりました。なので、美しい文章を書かれる作家さんの本は、その作品を続けて読んでしまいます。

私たちも文章をかく、言葉を発する、そんなことを少し意識して、言葉から。。。変えていきたいと思います。

そして、最後にこれですね。。。マザーテレサの言葉です。

「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから」

 

 

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

幸せの法則

いろいろと物議をかもし出しているSNSですが、私はプライベートでフェイスブックを楽しんでいます。かれこれ2年近くになります。

いろんな情報を得ることができて、うまく使えばとても良い刺激をうけることもできます。今回は、素敵だなぁぁぁ・・・と感じた内容がシェアされていましたので、ここにそのまま紹介したいと思います。幸せの法則。。。だそうです。せっかくの人生、幸せになりましょう。

海外で話題になった〈幸せの法則〉。それは、今すぐできることばかり。大事なのは「続けること」だ。日頃から少しずづ意識するだけで、あなたの人生もみるみるうちに変わっていくはず!

Happy1

1. ありのままの自分を受け入れる

コンプレックスは誰にでもある。だが、アナタにしか無い良いところだってたくさんある。飾る必要はない。そのままのあなたは素敵だ。

2. 他人の成功を一緒に喜ぶ

誰かの成功が羨ましいと思うのは当たり前。それは、あなたも成功したいという気持ちがみなぎっている証拠だ。「おめでとう!」「私も頑張る!」言ってみて。不思議と自分も嬉しくなるはず。

3. 絶対こうあるべきと決めつけない

自分で自分を苦しめないで。毎日100%完璧に過ごす人はいない。柔軟に物事を考えよう。Let’s Take It Easy!!!

4. 家族や親戚を大切にするhappy2

あなたにこの上ない愛を注いでくれる人たち。普段は恥ずかしくて言えないかもしれない「ありがとう」を、伝えてみて。

5. 起こる事全てに意味があると考える

怒りも悲しみも、どんなに些細な出来事さえも、全てあなたをかたどるもの。幸せそうな人は、気持ちや頭の切り替えも早い。

6. 誰かを手助けする

幸せそうな人は、いつも困っている人を助ける余裕がある。意図的ではなく、気づいたら自然に人を助けているものだ。そのお返しは予測をしないピンチの時にあなたの元へ返ってくるだろう。

7. 約束を守る

約束を守る事は習慣にするべき。やはり信頼はあったほうがいい。出来ない約束はする必要がない。けれども、あなたの見方につく人を、信頼関係を結ぶ事で増やしていこう。

8. 改善点を指摘されたら感謝する

謙虚な人ほど、成長も早い。自分の足りない部分を気づかせてもらったら、素直に「ありがとうございます」と言おう。指摘をしてくれる人ほど、あなたを大切に思っているはずだから。

9. チャンスが来たらすぐに掴むhappy3

チャンスが何か分からないという人も多い。だが、毎日ハッピーに過ごす人は違う。ビビビ!と来る何かを捉えようと常にアンテナを張っている。人の話によく耳を傾けたり、広く物事を知りたいと勉強しているはず。

10. 人とのつながりを大事にする

かけがえのないものだ。ハッピーな人が笑っているときは、誰かと一緒にいることも多い。一期一会。この広い世界で出会えた人に感謝して、毎日を過ごしたい。

さぁ、あなたも今日からHAPPY MAN!!!

Never Stop Exploring… 人生を最高に旅しよう



カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ