月別アーカイブ: 10月 2014

URSO! Letter №28 URSO!フェスティバル開催 ♫ 

10月25日メルパルク大阪にて、【 URSO!フェスティバル 】 を開催させていただきました。

100人を超える皆様にご出席賜り、感無量です。また、東京・岐阜・愛知からも駆けつけていただき有難いことと・・・感謝の気持ちでいっぱいです。

urfes1ご参加いただけなかった皆様に・・・、以下、緊張いっぱいでさせていただいた乾杯のご挨拶を改めてこちらで表させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様、本日はアルソフェスティバルにご参加いただきありがとうございます。

数人でスタートした在宅ワークが、10数年の時を経て200人以上のメンバーのみなさんとお仕事ができるようになりました。

いつか今日のような日をもちたいと願い続けてまいりました。

そして今日!アルソフェスティバルとして実現できたことに感謝の気持ちでいっぱいです。また、開催するにあたり社長以下たくさんの社員のみなさまにも後押しをいただき、この場を借りて感謝申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

メンバーさんの中には、まだまだ家庭の事情で今日この場にご参加いただけなかった方がたくさんおられます。そのおひとりおひとりに思いを馳せながら乾杯のあいさつとさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

来年も開催できるように、また、明日から頑張らなくちゃです。

カテゴリー: URSO Letter | コメントをどうぞ

見習わなくっちゃ!!

ノーベル物理学賞の受賞速報で先週はどのチャンネルを回しても、受賞の祝福が流れていました。

noubelshouそんななかで、偶然目にしたチャンネルで天野教授と奥様のお電話でのやりとりが紹介されていて、思わず立ち止まり見入っていました。

ステキだなぁぁぁ。。。と感じ入ったやりとりでしたので、ここに紹介しますね。

 

香寿美さん:「(どういうふうなご主人?) とても真面目で、家のことも、きちんとしてくれているので。   わたしも安心して、こうしてロシアに来ることができました。(留守中は家事をやっている?) はい、天野はそれもできます」

天野教授:「いつも、土曜日も日曜日も、大学行って、本当に家事の手伝いとか、育児の手伝いとかできなかったけど、本当にずっと一緒にいてくれて、ありがとうございました

香寿美さん:「まぁ、こちらこそありがとう!  あなたの忍耐のおかげし、幸せな生活を送ることができています。全部、パパのおかげです。ありがとう!

香寿美さん:「(一番の内助の功は?)えっ、内助の功? そんなもの、わたし、したのかしら。土曜、日  曜、夜遅くに帰ってきても、何も言わないことだったでしょうか。それはもう、結婚前の約束と申しますか、条件でした」【FNNの番組より】

ほんの短い会話がテレビで流れていたわけですが、何だかいいですよね・・・・・

方やノーベル賞を受賞されるようなダンナさま、方やロシア語を日本人学校で教えておられるような奥様、でもお互い驕ることなくサラッとありがとう~っていえる関係に、とっても爽やかな気持ちになりました。

こんなご夫婦いいですよね。。。 見習わなくちゃ。。。です。

ノーベル賞はとてつもなく凄いことだけれど、それ以上にこんな素敵な姿を見せていただけたことに、きっとたくさんの日本人は感激されたのではないかしら?幾つになってもどんな境遇になっても、謙虚にありがとうといえる人間でありたいと思います。

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

一隅を照らす

イスラム国の問題が日々ニュースで流れ、改めて、ほぼほぼ無宗教の単一民族である私たち日本人には理解しがたいものだと実感します。obama

長男は仏教のなかでも浄土宗の法然の教えを取り入れた中高一貫校に通いました。一方で次男はキリスト教のカトリック系の中高一貫校に通っています。そして、私自身はキリスト教のプロテスタント系の女子高で高校3年間、毎朝礼拝を受けてきました。

最近、子供たちの学校での教育理念や先生方のお話、私自身の学生時代、また手に取る様々な文献を振り返り、結局、ジャンルは違っても根底は同じではないかと思うことが度々あります。

heiwaその一つが、【一隅を照らす】

最澄の言葉で(最澄は天台宗ですが・・・)、『 一隅を照らす此れ即ち国宝なり 』 という言葉があります。その一方で、カトリックのお祈りの中にも、『 一隅を照らす者として日々歩むことができますよう祈ります 』 とあります。長男の高校卒業式の校長先生のお言葉は、『 君たちが将来社会人となってそのおのおのの場所にあって、一隅を照らすひとになっていってください 』 がはなむけのことばでした。

当社は9月が年度末となり、10月より新年度がスタートします。そして、この10月のスタートは、例年になく組織編成が大きくかわりました。戦略的に大きく変えたわけですが、人間だれしも新しくなることは不安も大きいもの。それでも、さらに良くなることを目指し、ひとりひとりはまさに【一隅を照らす】ことを念頭に進んでいきたいと思います。

そしてそして私の役割はたくさんのスタッフの皆さんを力いっぱい支えること。1年後に今より笑っていられるように。。。頑張っていきたいと。。。心新たに思います。

私が大好きなマザーテレサの言葉から・・・

人生はひとつのチャンス
人生からなにかをつかみなさい

人生はひとつの美
人生を大事にしなさい

人生はひとつの喜び
人生をうんと味わいなさい

人生はひとつの挑戦
人生を受けてたちなさい

人生はひとつの責任
人生をまっとうしなさい

人生はひとつのゲーム
人生を楽しみなさい

人生は富
簡単に失わないように

人生は神秘
そのことを知りなさい

人生は悲しみ
それを乗り越えなさい

人生は冒険
大胆に挑みなさい

人生は幸運
その幸運をほんものにしなさい

人生はかけがえのないもの
こわしてしまわないように

人生は人生
立ち向かいなさい

- マザー・テレサ -

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ