人生は不平等

新年おめでとうございます♬ ♪ ♫

新年早々にこのタイトルでごめんなさい。。。 年末に、今年はどんなこと感じた1年だったかなぁぁぁ・・、来年はどうなんだろうなぁぁぁ・・・と考えていたら、『 あぁ、人生は不平等 』 って感じた1年だったなぁぁ・・・と。何か不満があったわけでも何でもなくって・・・、折に触れてそう感じたシーンが多かったのだと思います。fukouhei

私たちの世代は、何でも平等と教育されて社会に出てきていますが、出た途端にそうではないことを知ります。でも、世の中そんなに単純ではない。

だから最近は、いろんなシーンで困ったとき、相談を受けたりしたとき、こんな言葉で返しています。

『 世の中不平等だから、それを承知で頑張っていこう 』 って。fukouhei2

高校三年生の次男の英語の宿題に、【人が成長するのに必要なもの】という題で、英語でエッセイを書きなさい、というのがありました。めずらしく、「見てもいいよ~」ということなので(英語やけど・・・)、のぞいてみました。

二つ方法があります。『 チャレンジを続けること 』  『 反骨精神と謙虚さ 』 、18歳の次男くんの意見でした。

そんなことを考えながら年始にネットサーフィンしていたら、ビル・ゲイツの言葉が目に留まりました。以下になります。高校生に向けた人生における11の法則とのことです。大人の心にも響きますよ。

RULE 1
人生は、公平ではない。そのことに慣れよう!

RULE 2
世界は、君の自尊心のことなど気にしていない。
そんなことよりも、早くやるべきことをやってくれることを期待されている。

RULE 3
高校を出てすぐに、年収500万円にはならない。
携帯電話(昔はものすごく高かった)を持っている副社長にもならない。
君たち自身が、それだけ稼ぐようになるまでは。

RULE 4
もし、「今の先生は厳しすぎる」とおもっているなら、上司を持ってみるまでまってみよう。
上司には、終身雇用制度はない。(もっともっと厳しい)

RULE 5
ハンバーガーをひっくり返すような仕事(つまらない仕事の例えとしてよく用いられる表現)は
あなたの品位を下げるものではない。
あなたのおじいさんの世代では、それらを「チャンス」と呼んでいた。

RULE 6
もし君が何か失敗をしたら、それはあなたの両親の責任ではない。
ぐだぐだ言わずに、その失敗から何か学ぼう

RULE 7
あなたが生まれる前から、あなたの両親は今のようにつまらなかったわけではない。
君たちのためにお金を払い、洗濯をし、あなた自身が如何にすごいかと自慢しているのを
聞かなければならないのだ。
親の世代からいる寄生虫から熱帯雨林を守る前に、自分の部屋の洋服ダンスのダニ退治から始めよう。

RULE 8
あなたの学校は、勝者・敗者をはっきり区別しなくなったかもしれないが、人生は違う。
単位を落とさなくなったり、わかるまで何度も教えてくれるような学校もある。
これらは、本当の人生とはまったく違ったものだ。

RULE 9
人生は、学期ごとに区切られていない。
夏休みもないし、君が自分自身を発見するのを手伝ってくれるような、雇用主もいない。
それは、仕事以外の時間で、自分でやるしかない。

RULE 10
テレビは、現実とは違う。
実際の人生では、喫茶店を出て、仕事をしなければならない。

RULE 11
おたくと仲良くなろう。
彼らの下で働く可能性が高い。

さぁ!!今年も張り切って生きましょうね。

カテゴリー: つれづれの話。。。   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です