共通の体験を。。。

90歳の写真家、富岡畦草氏がある対談の中で、こんなことを言われています。引っかかったことばなので、まず以下に挙げます。

『 昔の日本人は敗戦という共通の体験があったから、いまと違って思いやりがありましたね 』   うーん・・・、共通の体験と思いやり。。。っか。。。omoiyari

そうかもしれませんね。

人に対して、例えば、礼儀正しく、とか、誠実に、とか言いますよね。でも、思いやりとなると、初見の人にはなかなか難しいのかもしれません。

だから、共通の体験。人と人との関わりの中で、同じ時を過ごす、同じごはんを食べる、さらに転じて、同じ目標に向っていく体験を通して、目標達成する、までいくとお互いかなりのことを理解したうえでのことと想像します。そのような相手には、普通に思いやることができる。omoiyari2

私たち大人は、日々の膨大な時間を仕事に費やします。平日は、家族よりもその仕事の仲間と過ごす時間のほうが、はるかに長い。とすれば、なるべく同じ目標に向って、一緒にあーだこーだと悩みながら、こなしていきたいといつも思います。

今回の言葉のように、今までの、そしてこれからの共通の体験があるから、お互いに思いをかけながら、会計事務所の繁忙シーズンを無事終了することができたと感じます。

年度がかわり、気づくと4月が目の前ですね。心新たにいきましょう!omoiyari3

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

ペーパーレス化に向けて

先日、宅配サービスがネット通販等の激増もあり、この10年で取扱い個数が27%増加した、という記事を目にしました。テレビのニュースやワイドショーなどでも取り扱ってましたので、ご存知の方も多いはず。

私も平日は全く買い物に行けないので、本から化粧品、衣類や食品も宅配を介して手にすることが多くなりました。個人的な視点でみると、買い物の時間を取る必要がなくなり、とても合理的!と喜んでいました。視点を変えると、『取扱個数激増による人手不足が深刻で、宅配便が崩壊する』というところまできていたとは、感じることができていませんでした。takuhai2

さて、当社も10年以上宅配にお世話になってきました。月間宅配利用個数は、400個は下らない状況です。さまざまな事情で外勤することの難しい女性に、在宅でお仕事をしてもらうというコンセプトを支えていたのは、宅配です。その宅配業界に変化が見られるのならば、私たちもその対応を検討すべき時期に差し掛かりつつあります。

 

ずっと実現したかったこと、ペーパーレス化。処理に必要なことはすべて電子データにできれば、物の移動はなくなります。つまり、宅配に頼らない仕組みになります。このためには、それを享受できるハード面の整備は不可欠になるのですが。。。。paperless

 

今春から、すこしこの試みを開始しようとしています。一部の在宅メンバーさんにはご協力とチャレンジをいただくことになります。

以前にも紹介したダーウィンの言葉がよぎります。

生き残る種とは、

最も強いものではない。

最も知的なものでもない。

それは、変化に最もよく

適応したものである。

であるならば、私たちは社会の流れや傾向を察知し、適応していかなければなりませんね。

 

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

【GRIT ~ やりぬく力】

大手書店のおすすめベストセラーが紹介されていたので、読んでみよう!、と探したのが昨年末。きっと地元で一番大きな本屋さんなのに、8冊のうちその場にあったのは、何と4冊きり。。。何ともお粗末な・・・と思いつつ、そこに年明け早々のトランプ大統領登場の話題本も入れて、私なりに感じたこと連ねてみたいと思います。

そのうちの一冊が【GRIT ~ やりぬく力】。GRIT2

見かけた長男は、「 おォ~グリットやん!!」、えっ?そうなん知ってるの!? 先に読んだ次男は、「 お母さん読みやすかったでぇ~」

要は、GRIT~やりぬく力が強いひとが成功する、ということをこの本の作者は検証し実証し指南しています。人は往々にしてラクだから、「あの人は生まれつきの天才だから、あんな才能は誰にもないし、だから成功するのよね」と言っては、努力を怠るものだ。でも実はそうではなくて、どんな困難が生じてもやりきる力のある人が成功している。それは、「やり通すことで鍛えられる」もので、「勤勉さは練習により身に付けられるもの」であって、そして「脳は筋肉のように鍛えられる」、だから誰でもどんな分野でも一流になれるのよ!という、まさにアメリカンドリームを手に入れるためのHowTo本という見方もできる内容です。

なるほどなぁぁぁ。。。と思いつつ、同時に手に取ったのが、田原総一朗氏と長谷川慶太郎氏の【トランプ新大統領誕生で世界はこうなる】。GRIT1トランプ氏が当選した折から、メディアはリベラリズムの終焉からポピュリズムの台頭。。。云々と説明していて、どうもよくわからないので、読んでみました。

そこには、衝撃的なフレーズが次々と出てきます。先に読んだ、アメリカンドリームを手に入れるための<GRIT~やりぬく力>なんて絵空事のようなんです。貧富の差が日本人の私たちの想像できないところまで来ているアメリカで、それでも頑張って夢を実現しよう~ではなくて、自分に欠陥がある、自分の能力不足に帰結してしまう、と長谷川氏は言います。徹底した民主主義が本当に徹底した競争を生みだし、ますます広がる格差のなかで手の打ちようがないときに出てきたのが、トランプ大統領なのだそうです。

だからもう一度、<GRIT~やりぬく力>を信じて・・・なのかもしれません。

【いま、世界の哲学者が考えていること】GRIT3のなかでも、視点を変えて同じことが表現されていました。「資本主義が生む格差は問題か」ということです。どんな格差がよくて、どんな格差が悪いのか?格差是正なのか、貧困救済なのか・・などなど議論は続くわけですが、私は学者ではないので必要かなぁと思うところをつまみ読み。

一つの視点で見渡して考えてみるのも面白いもので、最後にこれで締めくくり。【言葉にできるは武器になる】のなかGRIT4で紹介されていた、法相宗の僧であった高田好胤氏の言葉、「訓練のない個性は、野生に過ぎない」

やっぱり、わたしは訓練で少しでも身に付けて、アメリカンドリームは無理だけど・・・自分のドリームにはあだまだ抗いたいと思います(苦笑)

 

 

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

人生は不平等

新年おめでとうございます♬ ♪ ♫

新年早々にこのタイトルでごめんなさい。。。 年末に、今年はどんなこと感じた1年だったかなぁぁぁ・・、来年はどうなんだろうなぁぁぁ・・・と考えていたら、『 あぁ、人生は不平等 』 って感じた1年だったなぁぁ・・・と。何か不満があったわけでも何でもなくって・・・、折に触れてそう感じたシーンが多かったのだと思います。fukouhei

私たちの世代は、何でも平等と教育されて社会に出てきていますが、出た途端にそうではないことを知ります。でも、世の中そんなに単純ではない。

だから最近は、いろんなシーンで困ったとき、相談を受けたりしたとき、こんな言葉で返しています。

『 世の中不平等だから、それを承知で頑張っていこう 』 って。fukouhei2

高校三年生の次男の英語の宿題に、【人が成長するのに必要なもの】という題で、英語でエッセイを書きなさい、というのがありました。めずらしく、「見てもいいよ~」ということなので(英語やけど・・・)、のぞいてみました。

二つ方法があります。『 チャレンジを続けること 』  『 反骨精神と謙虚さ 』 、18歳の次男くんの意見でした。

そんなことを考えながら年始にネットサーフィンしていたら、ビル・ゲイツの言葉が目に留まりました。以下になります。高校生に向けた人生における11の法則とのことです。大人の心にも響きますよ。

RULE 1
人生は、公平ではない。そのことに慣れよう!

RULE 2
世界は、君の自尊心のことなど気にしていない。
そんなことよりも、早くやるべきことをやってくれることを期待されている。

RULE 3
高校を出てすぐに、年収500万円にはならない。
携帯電話(昔はものすごく高かった)を持っている副社長にもならない。
君たち自身が、それだけ稼ぐようになるまでは。

RULE 4
もし、「今の先生は厳しすぎる」とおもっているなら、上司を持ってみるまでまってみよう。
上司には、終身雇用制度はない。(もっともっと厳しい)

RULE 5
ハンバーガーをひっくり返すような仕事(つまらない仕事の例えとしてよく用いられる表現)は
あなたの品位を下げるものではない。
あなたのおじいさんの世代では、それらを「チャンス」と呼んでいた。

RULE 6
もし君が何か失敗をしたら、それはあなたの両親の責任ではない。
ぐだぐだ言わずに、その失敗から何か学ぼう

RULE 7
あなたが生まれる前から、あなたの両親は今のようにつまらなかったわけではない。
君たちのためにお金を払い、洗濯をし、あなた自身が如何にすごいかと自慢しているのを
聞かなければならないのだ。
親の世代からいる寄生虫から熱帯雨林を守る前に、自分の部屋の洋服ダンスのダニ退治から始めよう。

RULE 8
あなたの学校は、勝者・敗者をはっきり区別しなくなったかもしれないが、人生は違う。
単位を落とさなくなったり、わかるまで何度も教えてくれるような学校もある。
これらは、本当の人生とはまったく違ったものだ。

RULE 9
人生は、学期ごとに区切られていない。
夏休みもないし、君が自分自身を発見するのを手伝ってくれるような、雇用主もいない。
それは、仕事以外の時間で、自分でやるしかない。

RULE 10
テレビは、現実とは違う。
実際の人生では、喫茶店を出て、仕事をしなければならない。

RULE 11
おたくと仲良くなろう。
彼らの下で働く可能性が高い。

さぁ!!今年も張り切って生きましょうね。

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

僕は人を見ている。。。

来春大学4回生になる我が家の長男君、よくもまぁそれだけ行くところがあるのね・・・、と感心するほど家にじっとしていません。1538357_770528653054986_1895457443_a

少なくとも今夏よりは日本にはいますが、大学に・・ゼミに・・サークルに・・アルバイトに・・高校のクラブお手伝いに・・旅行に・・イベントに・・インターンシップに・・と忙しい。そんななか、今朝はめずらしく、本日と明日の予定を教えてくれまして、明日は東京で役員面接なのだそうです。要は就職活動。へぇぇぇ・・・、「何を基準に就職先をさがしてるん??」と聞いてみました。

その答えが、実に明快でおもしろいと思ったので、ちょっと考察してみようと思います。

intern2長男君曰く、

「外資にはいかない、なぜなら、日本人として日本に貢献したいから」

「みんなが知っているような名前だけで選ばない、なぜなら、それは永遠ではないから」

 

「業態や業種でも選ばない、なぜなら、それも永遠に求められるものでもないから」

intern

「20代でできる限りの経験やスキルを身に付けて、30代につなげられるようにしたい、それが今の目標」

じゃぁぁ、何を基準に就職を考えてるの?と聞いたところ、

intern4

 

「そういうことだから・・・、僕は人を見ている。組織や企業は人がすべてだと思うから・・・」

だそうです。

いかがでしょうか?

おもしろいですよね・・・、そして、若いなぁと、うらやましくもありで・・・。

あっちゃぁぁ~、また、お祖母ちゃんは目をつりあげて怒るだろうなぁぁと思いつつ。。。

平和な日本に生まれ、恵まれた環境にいるわけですから、自分のことと共に、この国のことも思いやれる大人になってほしい、なるべきだと望みます。

私たち大人は、超少子高齢化のこの国で、そんな若いエネルギーを発揮できる後押しをしていくべきなのかもしれませんね。

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

大人の事情はさておいて。。。

簿記2級講座受講案内をしてきましたが、たくさんのご応募ありがとうございました!

boki1来年の2月受験と6月受験に間に合うようにと、当社オリジナルで設計された講座ですが、簿記専門学校講師の先生にきていただきます。つまり、簿記2級資格取得を最終目標においたもの。boki2

 

受講にあたり・・・

「毎週土曜日の参加は無理だしなぁぁ・・・」

「とりあえず、受講料無料だし聞くだけ聞こうかなぁぁ・・・」

「○○さんが受講するなら、私も一緒に出ようかなぁぁ・・・」

「途中で無理ならやめたらいいよね・・・」

などなど、いろんな事を耳にしました。

で、相談してくださった方には以下のようにお話ししました。

「忙しいこともわかるし、無料だしとりあえず!という気持ちもよくわかるし、もしかして何かおこれば参加できない日もあるかもしれない・・もよくわかる、でも、2級に合格する!ということをやっぱりちゃんと念頭に置いてほしい。厳しいようだけれど、勉強するってそういうこと。お稽古ではないから、そこを間違えないで受講するかどうか考えてほしい。」と。otona1

会社が無料で開催するということは、そこに明確な意図があります。目的なく、大盤振る舞いはしません。しっかり知識を身に付けて、仕事に活かしてほしい、ということです。

大人の女性には言い訳できること、いっぱいありますよね。子供が・・・、夫が・・・、家事が・・・、両親が・・・、地域の役割が・・・、と。

でもここは、大人の事情はさておいて!!受講されるみなさんには頑張って取り組んでいただきたいな、と心から思います。

がんばったこと、10年後の自分にもきっと活かされてると思うから。

先日、個人的に参加したセミナーで、現在の60歳は、私達のおばあちゃん(大正時代)が社会の第一線にいたころの40歳と同じなんだ・・・と。日本が定年制を取り入れたころになるわけですが、当時の平均寿命が55歳、で、定年も55歳になったのだそうです。

とすれば、私達には活かしていける時間もたくさんあるわけですよね。大人の事情はさておいて、もうしばらくまっすぐに・・・わたしも取り組んでみようと思います。

 

 

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

時計遺伝子

雑誌の中で、【時計遺伝子】についての対談が掲載されていて、耳慣れない言葉だなぁぁ。。。と思いつつ、読んでみました。時計遺伝子研究の第一人者である石田直理雄氏がお話されている内容でした。

少し紹介ますと・・・

体内時計という言葉time2は聞いたことがありますよね・・・、私たちは何となく生活の知恵みたいなもので、同じ時間に起床し同じ時間に就寝するように心がけないとリズムが狂って不調になる、など感じることはあります。そのようなことを科学的に研究されて、生物には時計遺伝子が存在しているということが分かってきているそうです。

 

遺伝子の配列を調べることで、睡眠時間が4時間で十分やっていける方がいますが、これも時計遺伝子の配列が証明しているようです。逆に、長く眠らないと毎日持たない!という方も、時計遺伝子の配列だそうです。なるほどなぁ・・・。

何でもかんでも遺伝子で判明してしまうのも、なんだか味気ない気もしますが、そういうことが科学的に存在するんだということを知っておくのもとっても大事だなと感じた次第です。time1

人はついつい、人も自分と同じだと思って行動しがちです。それで行き違いが生じてしまう。人はみんな違う・・・、感じ方も伝わり方も・・・。この時計遺伝子のお話にあるように、時間の捉え方も違うということを心に止めておきたいものです。

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

シンギュラーポイント

携帯に毎朝やってくるメルマガのなかに、【 シンギュラーポイント 】 という言葉がありました。私には馴染みのない言葉でしたので、調べてみました。think1

シンギュラーポイント(a singular point)。。。物理学上用語で特異点

一番わかりやすい例で解説すると、水を沸かす時に少しすると湯気や泡が現れますが、沸点に達するといきなり沸騰していく ~ この沸点がシンギュラーポイント。 物理学用語ではあるが、人にまつわるあらゆる事象においても、シンギュラーポイントは存在する、という考え方ができます。

積み重ねたことが、急に目に見えて明らかになる・・・みたいなこと。誰でも一度は経験したことがあるかもしれませんね。think2

 

 

数日前、いたずらに回したテレビのチャンネルに、元ソフトボール女子日本代表監督の宇津木氏が、小学生の女子ソフトボールチームを1日だけコーチする、いうシーンがありました。思わず数分手を止めて見入ったのですが・・・宇津木氏は、『 どうやったら無駄のない早い体の動きができるかを考えながらボールを取るのよぉぉ。。。』 と檄を飛ばしてノックをしておられました。

そして 『 考えるくせをつけるのよ 』 とも。彼女たちそれぞれに、きっとシンギュラーポイントがやってくることを宇津木氏はご存じなんでしょうね・・・だからこそ、くせをつけるのよ。。。とおっしゃってたんだろうなぁ。

くせ・・・、習慣ともいうのでしょうが、どんなことでも、些細なことでもやり続けた結果、シンギュラーポイントを超えて身についていくのかもしれません。

なんでも一朝一夕にはいかないもの、毎日の中で積み重ね、たくさんのシンギュラーポイントを迎えたいものです。

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

私はこんなにしているのに。。。逆説の10ヶ条

雑誌の対談での作家の曾野綾子さんの言葉が気になり、ツラツラと調べてみました。

(曾野綾子氏はクリスチャンでおられますので、発しておられるものにはキリスト教がベースとなっていることは承知の上で、ツラツラ、ウロウロと調べていました)

その言葉とは、【・・・だから、愛せない相手なら少し無理をしてもいい。理性によって自分がこうすべきと思う行動をすればいいわけです。それが本当の愛だというのね。・・・・】  どうでしょうか?

何も男女の仲に限らず、関わらないといけない人は周囲にたくさん・・・、我が子にできる無償の愛を、そんな簡単に誰彼に、それも継続してできるものではありませんよね。

ともすれば、「わたしはこんなにしているのに・・・。」という気持ちになりますが、そこは自分にも相手にも求めず、理性で乗り切らなくっちゃ、とうことですね。

ご存知の方もおられると思いますが、私は初めて・・・、ご存じでしょうか?逆説の10ヶ条。以下に掲げます。ついつい、わたしはこんなに。。。と思う自分が恥ずかしくなります。何事も、理性でいきましょう。

**********

ケント・M・キース19歳の時に書いたものに、マザーテレサが感銘を受け修道院の壁に書き有名になったもの

 

1.人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。
それでもなお、人を愛しなさい。

2.何か良いことをすれば、
隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。
それでもなお、良いことをしなさい。

 3.成功すれば、うその友だちと本物の敵を得ることになる。
それでもなお、成功しなさい。

 4.今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。
それでもなお、良いことをしなさい。

 5.正直で素直なあり方はあなたを無防備にするだろう。
それでもなお、正直で素直なあなたでいなさい。

 6.最大の考えをもった最も大きな男女は、
最小の心をもった最も小さな男女によって
撃ち落されるかもしれない。
それでもなお、大きな考えをもちなさい。

 7.人は弱者をひいきにはするが、勝者の後にしかついていかない。
それでもなお、弱者のために戦いなさい。

 8.何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。
それでもなお、築きあげなさい。

 9.人が本当に助けを必要としていても、
実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。
それでもなお、人を助けなさい。

 10.世界のために最善を尽くしても、
その見返りにひどい仕打ちを受けるかもしれない。
それでもなお、世界のために最善を尽くしなさい。

カテゴリー: つれづれの話。。。 | コメントをどうぞ

第3回 アルソフェスティバル 

去る9月3日に、無事 第3回アルソフェスティバル を開催することができました♪

arufesu1

 

 

 

 

今回は梅田の阪急インターナショナルでの開催♪

arufesu2

 

 

今回初参加のメンバーさんもたくさんおられ、約100名を迎えてのフェスティバルとなりました。ホントにたくさんご参加いただき、ありがとうございました!!

 

セミナーあり、ゲームありで、【うれしい出会い、楽しい未来、美味しいひと時】を目標に、スタッフ一同準備させていただきました。

スタッフが楽しい!!と思えないと、参加した方々も楽しい!!と感じられないよね。。。を合言葉に、当日はスタッフも一緒に楽しめることができました。arufesu3

 

 

⇒ 会場も落ち着いた良い感じ♪

 

 

ゲームの第1位から3位のテーブルには、URSO本部横田さん作のかわいい景品も花を添えてくれましたarufesu4

 

来年も開催したと思います。

今回無理だった方も、来年は是非ねっ

カテゴリー: URSO Letter | コメントをどうぞ